体験レポート/キャンプ編

体験レポート/キャンプ編

【手ぶらでOK】岩屋キャンプ場で、
初めてのファミリーキャンプ

Text : 佐藤 渉 Photo : 新本 真太郎

時は空前のキャンプブーム。自然の中でおもいっきり深呼吸し、子どもたちものびのびと走り回れるキャンプは、自然に親しむアクティビティとして年々人気が高まっています。

しかし、自然の中で食事や寝泊まりをするとなれば、それなりの装備も必要。始めてみたいけど、何から手をつけていいかわからない。そんな声も聞こえてきます。

2019年7月にリニューアルオープンした東峰村岩屋キャンプ場は、そんなキャンプ初心者にぴったりの場所。この記事では、岩屋キャンプ場でのファミリーキャンプのコツと楽しみ方を、ご紹介します。

自分たちに合う宿泊タイプを選ぶ

岩屋キャンプ場には、キャンプ場滞在(テントサイト、区画サイト)とコテージ滞在の、合計3タイプの楽しみ方があります。まずはそれぞれの特徴を知り、楽しみたいキャンプスタイルに合った施設を予約しましょう。

1.のびのび自由にキャンプしたいなら→キャンプ場(フリーテントサイト)

基本となるテント設営サイト。場所も自由に選んで、テントを張っていただけます。1日10組限定のため、隣のテントとのスペースが十分にあり、広々と使うことができますよ。


木々に囲まれたテントサイト。


炊事場側から見ればこの風景。春には見事な桜が。

2.電源を使いたいなら→キャンプ場(区画サイト)

車を横付けでき、テント用の専用スペースがあるのが区画サイト。電源ポールが設置されコンセントが使えるため、電気を使う調理や、ストーブやホットカーペットなどを使うことも可能。

3.キャンプグッズを持っていないなら→コテージ滞在

テントを持っていない人や、寝袋など寝泊まりする道具がない人は、コテージ滞在がおすすめ。日中はキャンプサイトで自由に遊び、暗くなってきたら冷暖房完備のコテージへ。シャワーと清潔なお布団で、ぐっすりおやすみいただけます。

子どもたちを遊ばせつつ、テント設営

岩屋キャンプ場は、ほどよくこじんまりとしたサイズ感で、テントサイト全体をぐるりと見渡せます。岩場や崖など危険な場所も少なく、子どもたちを自由に遊ばせておいても安心です(とはいえ、気にかけていてくださいね)。その間に、ささっとテントを設営してしまいましょう。

まずはテントやタープの設営から。張れるテントのサイズに制限はないので、周囲に配慮すれば、最近の大型テントもOKです。


サッとテントが張れるパパ、かっこいい。


子どもたちもお手伝い。「僕だって運べるんだい」。


いつのまにか、子どもたちは遊びに夢中。「虫つかまえたよー!」

家族で楽しく過ごすために、あると便利なモノ

テントを設営して拠点を確保したら、次はより便利に、快適に過ごす道具を準備していきます。

1.焚き火台

火の周りには、自然と人が集まり、暗くなって冷え込んでも焚き火があればホッとできます。岩屋キャンプ場は、直火はNG、焚き火台ならOK。レンタル品もあります(小:1,000円、大:1,500円)。薪は1輪500円で販売。

2.タープ

広い日陰スペースをつくるのに便利なタープ。テントとは違う開放感があります。特に日差しの強い時期は、体力の消耗も避けられます。持っていない人は、レンタルも可能(タープ単体 1,000円)。

3.調理器具

キャンプの楽しみは、ご飯にあり。切ったり焼いたり、調理自体が楽しいアクティビティです。凝った料理でなくても、一手間加えるだけで、グッとおいしく感じます。BBQセットなら、レンタルできます(1,500円)。


お肉もソーセージも、ジュージュー焼くだけで美味!


レストランかのようなご馳走。家族も大満足。

※ページ内の価格はすべて税別価格です

急な雨、そんな時どうする?

岩屋キャンプ場には、急な雨をしのげる場所が用意されています。激しい雨の場合は、広々とした炊事場でひとまず雨宿り。

雨がしばらく止みそうになかったり、寒さ暑さが厳しければ、管理棟で過ごすのもアリ。たくさんの本や図鑑があり、子どもたちも飽きません。

夜は星とともに眠る

だんだんと日が落ちて、美しい空のグラデーションを楽しんだら、静かな夜の時間の始まり。ライトやランタンなどの光源があれば、夜でも不安なく過ごせます。


岩屋キャンプ場の自慢は、晴れた日に浮かび上がる、満天の星空。

この日のファミリーキャンプアルバム

この日は、5月のゴールデンウィーク真っ只中。天気もよく、子どもたちも元気いっぱいにキャンプを楽しんでいました!

岩屋キャンプ場でのファミリーキャンプ、いかがでしたか? 自分たちの経験や慣れに合わせて、宿泊3タイプの中から自由にお選びいただけるので、初めてのキャンプにも最適です。家族や友人同士のアットホームなキャンプは、ぜひ岩屋キャンプ場で。

キャンプ場に来れば、
こんな体験ができるかも。
キャンプ場の予約・お問い合わせはこちら
0946-23-8423
(受付時間:12:00~17:00)

Menu
電話 0946-23-8423 電話する